韓国原発、使用済み核燃料が床に落下、2009年春から公表せず



韓国原発、使用済み核燃料が床に落下、2009年春から公表せず   韓国・慶州にある月城原発1号機で2009年、使用済み核燃料を原子炉から出し、燃料プールへ移す過程で燃料集合体が破損し、燃料の一部が格納容器内の床に落ちるという事故があったそうです。しかし、原発運営会社である韓国水力原子力は、監督機関の原子力安全委員会に報告していなかったという…。

 原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は燃料を回収するため直後に作業員1人を現場に投入し、燃料から数メートルの地点で作業させていた。野党正義党の国会議員、金霽南氏が公表し、監督機関の原子力安全委員会も認めた。安全委は外部への放射能漏れはないとしている。

 韓水原は事故を同委に報告せず、同委も韓水原の納品不正事件を捜査した検察から昨年8月に情報を得て事故を確認したが公表していなかった。

 事故は09年3月13日夕、移送装置の不具合で使用済み核燃料の一部が落ち、韓水原は翌日早朝、作業員に回収させた。この作業員が納品不正事件で検察に事情を聴かれる中で事故の事実を話し「回収作業の後、体調がすぐれない」と供述。検察が委員会に通報した。

 納品不正事件を審理した蔚山地裁の問い合わせに安全委は、床に落ちた燃料から1メートルの地点で、測定上限が1万ミリシーベルトの測定器で測れないほど放射線量が高かったと回答している。(nikkansports)


◇バックナンバー
ケント・ギルバート氏、産経新聞前ソウル支局長起訴を批判「韓国の政治の未熟さを全世界にさらした」
韓国に100億円超不正送金か…銀行法違反容疑で韓国籍の男女8人逮捕
韓国の性犯罪、増える一方…5年で3割増、ソウルと釜山で多発
元「米軍慰安婦」だった韓国人女性122人が韓国政府に賠償求め集団提訴

ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考 (産経セレクト)ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考 (産経セレクト)
室谷克実

産経新聞出版 2014-07-18
売り上げランキング : 4823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示