インド最高裁、サムスン・李健熙(イ・ゴンヒ)会長に6週間以内の出廷命令



インド最高裁、サムスン・李健熙(イ・ゴンヒ)会長に6週間以内の出廷命令   インドの最高裁判所が2日、韓国サムスン電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長に対し、6週間以内にインドのガジアバード地裁に出廷するよう命じ、従わない場合は、インド警察が逮捕の権限を有するとの裁定を下したそうです…。

 ガジアバード裁判所は3月31日にすでに逮捕令を出しているが、最高裁判所がこの決定を6週後に行うよう決めた形だ。イ会長がこの決定に従わない場合、次にインドに入国した際に逮捕されることになる。

 韓国の報道によると、インドの企業「JCEコンサルタンシー」は2005年、サムスンが同社に支払うべき140万ドル(約1億4500万円)が未払いになっているとして訴訟を起こし、裁判所はイ会長に対する逮捕状を発行。イ会長はこれを不服として、この決定を無効とするようインド最高裁に求めていたが棄却された。(yahoo)


◇バックナンバー
高速増殖炉「もんじゅ」のパソコン、韓国に情報送られた形跡
韓国旅行で412人中、246人が食中毒…台湾衛生当局が韓国での下痢や腹痛に注意喚起
高須克弥院長、韓国に一言「国交断絶で輸入なくなってもいい」
河野談話、日韓の「合作」だった…韓国側の要求受け入れ書き換え

サムスンの真実サムスンの真実
金 勇澈 藤田 俊一

バジリコ 2012-02-17
売り上げランキング : 175066

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示