中国の江沢民元国家主席らに逮捕状、チベットでの「大虐殺」容疑 -スペイン-



中国の江沢民元国家主席らに逮捕状、チベットでの「大虐殺」容疑 -スペイン-   スペインの全国管区裁判所が19日、中国の江沢民元国家主席(87)、李鵬元首相(85)ら政権幹部経験者5人に対して、1980~90年代にチベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した容疑で逮捕状を出したそうです。刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人が含まれていたとのこと…。

 AFP通信などによると、裁判所は刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人がおり、中国当局が捜査していないことを理由に逮捕状を出した。スペイン政府は対中関係で難しい問題を抱えることになりそうだ。

 人権団体は刑事告発で、江氏らがチベットでの「大虐殺、人道に対する罪、拷問、テロ」に責任があると主張。裁判所は「当時の政治・軍の高官が関与した疑いがある」との見解を示した。(jiji)


「チベット問題」を読み解く (祥伝社新書)「チベット問題」を読み解く (祥伝社新書)
大井 功

祥伝社 2008-06-26
売り上げランキング : 94252

おすすめ平均
starsチベット問題入門に最適
starsチベットは中共の植民地であり、宗教弾圧と民族浄化の地獄である
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示