日本統治時代を一部評価する歴史教科書、韓国の検定を通過【画像】



2013_10_07_01.JPG

日本統治時代を一部評価する歴史教科書、韓国の検定を通過<画像>   韓国において、日本統治時代(1910~45年)を一部評価する教科書が今年初めて教科書検定を通過して、論議を巻き起こしているそうです。当該教科書は韓国の出版社「教学社」の高校用韓国史(上記写真)。同書は、合格した他の7冊とは異なり、日本統治時代の経済発展や規律改善などを一部評価、また左派が「親日政治家」と批判する歴代大統領の業績を肯定的に記述しているという…。

 「ニューライト」(新保守派)の知識人で、新しい教科書をつくる運動を続けてきた公州大の李明煕教授ら6人が執筆した。8月末、教育相の委託で教科書検定にあたる国史編さん委員会が合格とした。

 新保守派は、2005年、市民団体「ニューライト全国連合」が結成されたのがきっかけ。「偏った歴史観の是正」を掲げ、1年間で全国に約11万人の会員を集めたとされる。反北朝鮮の立場が明確で、日本統治時代や独立後の歴代政権を、経済発展の視点から再評価する点が特徴だ。(yomiuri)


韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史 (小学館文庫)韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史 (小学館文庫)
勝岡 寛次

小学館 2001-07
売り上げランキング : 151894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示