ベトナム訪問中の朴槿恵大統領、過去の戦争の歴史で謝罪せず…韓国内で話題に



ベトナム訪問中の朴槿恵大統領、過去の戦争の歴史で謝罪せず…韓国内で話題に   ベトナム訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が過去の戦争の歴史について謝罪発言などまったくせず、ベトナム側も何ら要求していないことが韓国で話題になっているそうです。韓国が日本に対してしきりに「歴史直視」を要求していることと矛盾するではないかとの皮肉も出ている(ハンギョレ新聞社説)とのこと。また、ベトナムが60年以上も植民地支配したフランスに対して謝罪や反省、補償など一切求めていないことも、韓国メディアは完全スルーのようです…。

 韓国は1960~70年代のベトナム戦争で米軍支援のため延べ30万人以上の部隊を派兵し、部分的に“住民虐殺事件”もあったとされる。ベトナム統一後、両国は92年に国交を結んだが、ベトナムは韓国に対し謝罪や反省、補償など一切求めなかった。

 しかし2001年、金大中(キム・デジュン)大統領がベトナム訪問の際、「不本意ながらベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と“謝罪”した。これに対し当時、野党だった朴槿恵ハンナラ党副総裁は「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」と批判した経緯がある。

 ベトナム派兵は父・朴正煕(チョンヒ)大統領(当時)の決断で行われたものだが、朴槿恵大統領は今回の訪問に際しベトナムの国父ホー・チ・ミンの廟(びょう)参拝、献花の時を含め戦争の歴史にはまったく触れず、もっぱら経済協力問題に終始した。(msn)


◇バックナンバー
韓国で「千年恨」が流行語に、小説「千年恨、対馬」もベストセラーに
朴大統領の訪米同行した韓国大統領府報道官、セクハラ疑惑で更迭
韓国メディアがパク・クネとオバマの握手写真を合成【画像】

戦争の記憶 記憶の戦争―韓国人のベトナム戦争戦争の記憶 記憶の戦争―韓国人のベトナム戦争
金 賢娥

三元社 2009-11
売り上げランキング : 148165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示