「竹島メッセージ」朴鍾佑、「来年のワールドカップでは心の中でプラカード振ります。日本は嫌い」【画像】



120811_002.jpg

「竹島メッセージ」朴鍾佑、「来年のワールドカップでは心の中でプラカード振ります。日本は嫌い」【画像】   2012年ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦後に、竹島(韓国名・独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた韓国の朴鍾佑(パク・チョンウ、パク・ジョンウ)選手がこのほど、インタビューで「来年のワールドカップでは心の中でプラカード振ります。日本は嫌い」と語ったようです…。

 '独島セレモニー'1年後=それから1年が過ぎた。光復節の15日午後、釜山江西体育公園内にあるプロサッカー、釜山アイパークのクラブハウスでパク・ジョンウに会った。明るい表情だった。前日の14日ワールドカップ代表チームのペルーとの評価試合でホン・ミョンボ監督の招請を受けられず残念だっただろうが…。

 ロンドン五輪韓日戦の時の様な状況が来たら、どうするかという問いにパク・ジョンウは「心ではプラカードを持って走りたいが、行動に移しはしないだろう」と話した。'独島セレモニー'波紋があまり大きく、自分のせいで被害を受けた人が多かったからとのことだ。

 彼は「'独島セレモニー'以後、日本のJリーグにいる韓国選手が多少の被害を受けたようだ」と話した。パク・ジョンウはまた他の'独島セレモニー'を夢見ている。今回はワールドカップからだ。日本を破るのも重要だがワールドカップで良い成績を出して全世界に韓国をちゃんと広報できる機会を用意するということだ。

 パク・ジョンウは英国プレミアリーグ進出が夢だ。サッカー選手なら誰でも夢見て成し遂げたい望みだ。彼は直ちにビッグリーグに行けなくてもドイツ、イタリア、フランス、オランダなどでも走りたいといった。オリンピックを通じてヨーロッパ舞台でも通じるという自信を得たからだという。だが、彼は日本は嫌いだといった。

 彼は「'独島セレモニー'までして、どうして日本で走ることができますか。オリンピック前は日本のプロチーム3~4カ所から招聘提案があったが独島セレモニー以後、破棄の意向がきた」と話した。パク・ジョンウは'独島セレモニー'より'サッカー選手'として記憶されたいという。彼は'独島セレモニー'で多くの国民が愛して下さったが、サッカー選手と評価されたい。オリンピックの時そうだったように来年のワールドカップを一段階発展する契機にするつもりだ」と力説した。(2chbusan)


◇バックナンバー
FIFAに偶発的だったと泣きついた朴鍾佑、懲戒翌日に海軍で独島アピール!!【画像】
韓国サッカー五輪代表選手が試合後に政治的パフォーマンス「独島は我が領土」【画像】

韓国はどれほど日本が嫌いか韓国はどれほど日本が嫌いか
武貞 秀士

PHP研究所 2013-07-25
売り上げランキング : 35643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示