大阪・生野で通り魔事件、逮捕の男「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」



大阪・生野で通り魔事件、逮捕の男「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」   22日早朝、大阪市生野区の路上で男女2人が次々と刺されるという通り魔事件が発生したようです。大阪府警は、現場付近で刃物を持っていた近くに住む無職の男(31)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。男は「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述しているとのことです…。

 22日午前5時20分ごろ、大阪市生野区新今里の商店街の路上で「男に刺された」と男性から110番があった。大阪府警生野署員が駆け付けたところ、男がコンビニ店前でビル清掃員の女性(63)を包丁で刺したため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。女性は腹と腰の2カ所を刺されており、数十メートル離れた路上には新聞配達員の男性(61)も腹を1カ所刺され倒れていた。2人とも重傷で、病院に運ばれた。

 捜査1課によると、男は、約100メートル北側のマンションに住む無職、田仲桂善容疑者(31)。2人とは面識がなかったとみられ、調べに「生粋の日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述しているという。(wsj) 


 男は容疑を認め、「家にあった包丁で人を殺そうと思った。日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述しており、刑事責任能力の有無を慎重に調べる。

 生野署によると、けがをしたのは、同区勝山北5丁目の新聞配達員川口修一さん(61)と、同区新今里5丁目のビル清掃員越智美智子さん(63)。

 逮捕容疑は同5時25分ごろ、越智さんの腹や腰を包丁(刃渡り約12センチ)で刺して殺害しようとした疑い。男の自宅マンションのエレベーター付近で川口さんの腹を刺した後、歩いて移動し、越智さんを刺したとみられる。署員が路上でうずくまっていた越智さんを最初に見つけたという。現場は近鉄大阪線・今里駅から南に約200メートルで、住宅や商店が立ち並ぶ。(asahi)


 逮捕の男、韓国籍であることが判明

 殺人未遂容疑で逮捕された無職の男(31)が約3年前から、精神疾患で入退院を繰り返していたことが22日、大阪府警生野署捜査本部への取材で分かった。

 府警によると、男は「日本人なら何人も殺そうと思った」と供述。逮捕後の調べで、韓国籍であることも判明した。府警は刑事責任能力を問えるかどうか、慎重に調べている。(sankei)


衝撃犯罪スペシャル!! テレビでは報道できない凶悪事件の真相 (コアコミックス 328)衝撃犯罪スペシャル!! テレビでは報道できない凶悪事件の真相 (コアコミックス 328)

コアマガジン 2013-01-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示