生活保護受給の外国人急増、国籍別では韓国・朝鮮人が最多



生活保護受給の外国人急増、国籍別では韓国・朝鮮人が最多   厚生労働省の最新の調査(平成23年)によると、生活保護を受ける外国人が急増しているそうです。10年前に比べほぼ倍増になり、国籍別では韓国・朝鮮人が最多だという…。

 日本に永住、在留する外国人は徐々に減少しているが、生活保護を受ける人は急速に増えている。厚生労働省の最新の調査(平成23年)では外国人受給者は4万3479世帯、月平均で7万3030人に上る。10年前からほぼ倍増し、ここ数年の伸びは年に5千世帯のハイペースだ。「ただ乗り感覚」の受給者の存在を指摘する関係者もいる。

 国籍別では韓国・朝鮮人が最多。国民年金に加入していなかった在日韓国・朝鮮人の「無年金世代」が高齢化しているのが最大の要因だ。

 伸び率が急速なのは、1980年代以降に来日したフィリピン、中国、ブラジル人らの「ニューカマー」と呼ばれる人たち。東海地方で自動車などの製造ラインを担っていた日系人らの多くがリーマン・ショック後に失業、生活保護になだれ込んだ。

 「母国に帰っても生活保護の水準まで稼げない人が多い。フリーライド(ただ乗り)感覚の外国人受給者もいる」(ある自治体の担当者)といい、外国人の場合も保護の長期化が懸念されている。(msn)


NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃NHKスペシャル 生活保護3兆円の衝撃
NHK取材班

宝島社 2012-04-14
売り上げランキング : 21565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント


管理者のみに表示