2011年04月の記事 (1/1)

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[画像]ライブドア元社長・堀江貴文被告(38)実刑確定へ



徹底抗戦 (集英社文庫)

[画像]ライブドア元社長・堀江貴文被告(38)実刑確定へ   ライブドア事件で、旧証券取引法違反に問われていた元社長・堀江貴文被告(38)の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)が堀江被告の上告を棄却する決定をしたそうです。これにより、IT時代の「寵児」と呼ばれた堀江被告は、収監される見通しとなった…。

 堀江元社長は26日正午過ぎから、短文投稿サイト「ツイッター」に、上告を棄却された感想を書き続けた。午後0時10分ごろ、「棄却された。。。」と最初の“つぶやき”。約10分後には「とりあえず異議申し立ては出しますが、たぶん一ケ月くらいで入ります。大体2年4ケ月かな。。。」。その後も断続的に「いやあしかし凄(すご)いタイミングで出してくれたもんだ。丁度5年前の4/27が東京拘置所から保釈された日。」「しかし、、、確定申告とか刑務所の中からやれるのかな???」「既に自宅に向けて突撃報道記者が殺到している様子。」などと書き込んだ。(毎日jp)

 07年の1審判決は「企業利益だけを追求し、一般投資者の判断を誤らせた責任は重い」として懲役2年6月の実刑判決。08年の2審判決も「最高責任者の元社長の指示・了承がなければ、犯行はあり得ない。実刑が重過ぎるとは言えない」と1審を支持した。

 「推定無罪の原則など刑事裁判にはほとんどない」。堀江元社長はインターネットのブログで司法を批判。多数の著書を出版するなどして、取り調べの可視化や弁護士の立ち会いなど司法制度の改革も訴えていた。弁護人を代えて上告審に臨み無罪を主張したが、最高裁は「上告理由に当たらない」とだけ述べ、冤罪主張をあっけなく退けた。(毎日jp)


※堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
http://ameblo.jp/takapon-jp/
※堀江貴文 (takapon_jp) - Twitter -
http://twitter.com/#!/takapon_jp

拝金拝金
堀江 貴文 佐藤 秀峰

おすすめ平均
stars判断が難しいです
stars背後に垣間見える天の邪気な魅力
starsおすすめ
stars人生いろいろ
stars自伝的内容とフィクションを絶妙に絡めた「旬」の一作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。