2009年04月の記事 (1/2)

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレント北野誠(50)全レギュラー降板を招いた問題の一言/週刊新潮・文春



090416_01
無期限謹慎処分を受けた北野誠氏(50)

タレント北野誠(50)全レギュラー降板を招いた問題の一言/週刊新潮・文春

 週刊新潮2009年4月23日号では、タレントの北野誠(50)が全てのレギュラー番組を降板し、無期限謹慎する理由に、“バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから”と、芸能界でも絶大な影響力をもつと言われるバーニングプロダクションの周防郁雄社長らを番組内で揶揄したことが原因と報じている。また、同じく2009年4月23日号の週刊文春でも「藤原紀香と陣内智則の結婚式はバーニングが仕切った」「サザンオールスターズの初期の版権をバーニングが持った経緯に関する発言」等々ほぼ同趣旨の内容を報じている。

・当初、最も有力と囁かれたのは“創価学会圧力説”。「以前、創価大学がテレビCMを始めた際、だからテレビは学会や公明党の悪口を言えなくなった、という主旨の発言をしたことがあった」(芸能ジャーナリスト) それは単なる噂で、どうやら真相は全く別だった。

・朝日放送関係者が耳打ちする。「あの事務所の社長らのことをあんなふうに言えば、そりゃ相手も激怒するでしょう。局としても影響が大きいため、打ち切りにせざるを得なかったのでは」

・“バーニングの社長はヤクザみたいなもんやから” 何と北野氏、こともあろうに、芸能界でも絶大な影響力をもつと言われるバーニングプロダクションの周防郁雄社長らを番組内で揶揄したというのである。

・さる芸能デスクは、「実はあの番組は、以前にも問題を起こしてまして」「昨年11月、某映画監督とバーニング所属女優とが不適切な関係だと実名を挙げた。それで局側が謝罪の意味もこめて3月末の打ち切りを決めた。なのに懲りずにまた、ということで今回の事態に追い込まれたのでは」

・「サイキック」は以前からトラブルが多かった。

・「人気があったのは芸能界の裏ネタコーナーで、当初からジャニーズ事務所やオウム真理教などから抗議を受けていました。93年には山本リンダのヘアヌード写真集を『全身整形でサイボーグみたい』などと酷評し、謝罪会見までした。最近は放送より、ファンイベントでの発言が過激でした」(朝日放送関係者)

・「『小泉今日子は○○○』『内田有紀が○○○と温泉旅行に行った』『藤原紀香と陣内智則の結婚式はバーニングが仕切った』といった系列タレントのネタが公共の場で流されていることが、芸能界で強い力をもつといわれるバーニングプロダクションの周防郁雄社長の耳に入り、逆鱗に触れてしまったのです」(芸能プロダクション関係者)

・一番の問題はビジネスに絡む発言だった。「サザンオールスターズの初期の版権をバーニングが持った経緯に関する発言が大問題になったようです。多くの利権が絡む版権問題は、小室哲哉の件もあって芸能事務所が最も神経質になっていますから」(同前)

ソース:週刊新潮2009年4月23日号、2ちゃん、鮭おにぎり氏

関連ソース:“麻薬”“盗作”“脱税”など小室哲哉の悪党ぶり
スポンサーサイト

中学生フットサル大会で故意の6連続オウンゴール…「大差で負けろ」と教頭が指示[新潟]



中学生フットサル大会で故意の6連続オウンゴール…「大差で負けろ」と教頭が指示[新潟]

 新潟県内の中学生のフットサル大会で今年1月、チームのコーチを務める教頭(47)が、苦手との対戦を避けるために、選手にわざと負けるように指示、実際に大敗していたことが分かった。

 日本サッカー協会では、「フェアプレー精神から著しく外れている」(田嶋幸三専務理事)として9日、この教頭を12か月間のサッカー関連活動停止とする異例の懲罰を科した。

 日本協会によると、上越市内の県立の中高一貫教育校は、5チームによる予選リーグで3連勝して上位2位以内が確定し、8チームによる決勝トーナメント進出が決まっていた。

 しかし、1位で予選通過した場合、準決勝で、過去の対戦で苦手としていたチームと対戦する可能性が高かったことから、コーチを務めた教頭は、決勝進出チームに与えられる県大会の出場権確保が難しくなると判断。予選リーグ最終戦で大敗して2位となれば苦手との対戦を避けられると考え、「オウンゴールで敗退するしかない」と選手に指示したという。

 試合は、同校が6連続で自らのゴールにシュートを入れる異常な展開となり、審判が注意。対戦相手も「没収試合にしてほしい」と要望したが、規定にないことから続行され、同校は0―7で敗れた。チームの監督を務める同校の非常勤講師は、他の試合の審判をしていたため指示の現場にはおらず、試合前に知ったが、講師と教頭という関係から注意することは出来なかったという。

 同校は思惑通り2位となったが、決勝トーナメント初戦で別のチームに敗れ、結局県大会出場を逃した。

 教頭は、試合の数日後に学校側に報告。1月中旬からサッカー部の指導を外れている。同校の校長は、「このような試合はあってならなかった。教頭も生徒も大変反省している。生徒と一緒にフェアプレー精神を改めて確認していきたい」と話している。

ソース:読売新聞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。