国際(アジア・オセアニア)の記事 (1/4)

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンが中国をICJに提訴…南シナ海の領有権問題



フィリピンが中国をICJに提訴…南シナ海の領有権問題   フィリピンがこのほど、南シナ海の領有権を争う中国を国際司法裁判所(ICJ)に提訴したそうです。22日、フィリピンのロサリオ外相が、国連海洋法条約に基づき国際裁判所に提訴したと発表、記者会見で「フィリピンは中国との領有権争いの平和的解決に向けたほぼ全ての政治・外交手段を尽くしてしまった。仲裁手続きが永続的な解決をもたらすことを望んでいる」と述べた。南シナ海では両国の艦船がにらみ合いになるなど対立が深刻化しており、フィリピンの退避要請にもかかわらず、現在も中国の監視船が停留しているという…。

 提訴の内容は「中国の南シナ海の(領有権)主張と、フィリピンの領有権を侵害する違法な活動に異議を申し立てる」というもの。フィリピン側は同日午後、マニラの中国大使館を通じ、中国政府に提訴した事実と内容を通告。外相は中国に「提訴に応じることを希望する」と促した。(msn)


 22日、フィリピンのデルロサリオ外相は、仲裁裁判所への提訴を文書と口頭で中国側に伝えたと発表しました。南シナ海を巡っては、フィリピンのほかにベトナムやマレーシアも中国と領有権を争っています。南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)周辺で、フィリピンと中国の艦船のにらみ合いが2カ月以上続くなど対立が深刻化しています。フィリピンは、これまでも国際法に基づいて平和的に解決することを働きかけてきましたが、中国は全く応じていません。今回の提訴について、在フィリピン中国大使は「中国は争う余地のない主権を有している」としたうえで、「争いは協議を通じて解決されるべきだ」と2国間協議を求めています。(tvasahi)


◇バックナンバー
安倍首相、ベトナムのズン首相と首脳会談…中国念頭に安保協力で一致
フィリピン外相「日本の軍事的強化を強く歓迎」

中国の海洋戦略にどう対処すべきか中国の海洋戦略にどう対処すべきか
太田 文雄 吉田 真

芙蓉書房出版 2011-08-09
売り上げランキング : 470125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

フィリピン外相「日本の軍事的強化を強く歓迎」



フィリピン外相「日本の軍事的強化を強く歓迎」   フィリピンのデルロサリオ外相が10日付の英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、「日本が戦後の平和憲法から解き放たれ、軍事的強化に進むことを強く歓迎する」と語ったそうです。南シナ海の領有権を巡って対立する中国を意識した発言と思われる…。

 インタビューの中でデルロサリオ外相は、「われわれはアジア地域でバランス形成の要因を求めており、日本はそのための重要な存在になり得る」と述べ、中国に対抗するための日本の「再軍備」を「強く歓迎する」と語った。(jiji)


 また、フィリピン外務省のエルナンデス報道官も、「フィリピン政府は、日本が自衛軍として、自らの軍事力を向上させ、地域での作戦において、自由に積極的に活動することができるようにすべきだと考えている」と語りました。エルナンデス報道官は、デルロサリオ外務大臣の発言として、「我々は日本の軍事力の強化を支持する」と述べました。(irib)


日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治 (講談社現代新書)日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治 (講談社現代新書)
久江 雅彦

講談社 2012-01-18
売り上げランキング : 44396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。