スポーツ(サッカー)の記事 (1/2)

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリルホジッチ監督が接触事故、一昨年に続き2度目【画像】



Number(ナンバー)898号 指揮官ハリルホジッチの設計図 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

ハリルホジッチ監督が接触事故、一昨年に続き2度目【画像】   日本サッカー代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が15日昼、自動車の接触事故を起こしたそうです。同日午後2時半ごろ、東京都港区内で乗用車を運転中、路肩から発進した乗用車と接触。監督、相手方ともに怪我はなく、車両の破損も軽微だったそうです…。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)は「監督には改めて、運転に注意するように伝えました」とコメント。同監督は一昨年8月にも都内でタクシーと接触事故を起こしている。ハリル監督が最初の接触事故を起こしたのは一昨年の8月24日。日本協会の大仁会長(当時)は謝罪した上で「本人が車を運転していることを知らなかった」と話した。(chunichi



ハリルホジッチ 勝利のスパイラルハリルホジッチ 勝利のスパイラル
ローラン・ジャウィ リオネル・ロッソ 楜澤美香

日本文芸社 2015-07-30
売り上げランキング : 612415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

2002W杯・韓国-イタリア戦で疑惑判定を連発したモレノ元主審が大量ヘロイン所持で逮捕



100922_01
バイロン・モレノ元主審

2002W杯・韓国-イタリア戦で疑惑判定を連発したモレノ元主審が大量ヘロイン所持で逮捕

 2002年の日韓ワールドカップ(W杯)、韓国対イタリアの一戦で、多くの議論を呼ぶ判定をしたことにより、買収疑惑が持ち上がったエクアドル人のバイロン・モレノ元主審が、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で麻薬を所持していたとして逮捕された。報道によると、モレノ氏は下着に少なくとも6キロのヘロインを隠し持っていたとのこと。

ソース:goal.com

 モレノ氏と言えば、日韓・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦の韓国vsイタリアで、疑惑の判定を連発。イタリアのゴールをオフサイドと判定するなどしたため、わいろを受け取って試合を操作したとの疑いが掛けられ、FIFA(国際サッカー連盟)が調査に乗り出すほどであった。結果的に処分はされなかったが、2003年にFIFAは国際審判リストから同氏を除名していた。

ソース:searchina

ワールドカップ全記録〈2002年版〉 (講談社文庫)
ワールドカップ全記録〈2002年版〉 (講談社文庫)原田 公樹

講談社 2002-03
売り上げランキング : 816924

おすすめ平均 star
star「通」向けの記録集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。